プロフィール1:こんな仕事をしてきました

ビジネスを始める方必見!個人起業なら社長としてまずやるべきことがある!自己紹介

プロフィール1:こんな仕事をしてきました

転職の回数は同年代として多い方だと思います。
新たな職場に身を置くたびに新たな経験を重ねてきました。

それが今の自分につながっていることを感じます。

学生時代のことはあまり役に立っていませんから
社会が本当の「学校」だったのかな。

きっとあなたもそうですよね?!

社会人経験はソフトハウスから

最初の就職先では会計ソフトを作っていました。
パソコンに触れたのは社会人になってからです。

給料をもらいながらパソコンやプログラミングを
学んだことになります。

これは今思い返しても良い方法でした。
強制力があると自然に技能も身に付きます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

一生懸命にこなす一方、社会人の最初の段階で
仕事に夢中になれたのはラッキーでした。

初ボーナスでは若干のローンを加えて
パソコンを購入したほどです。

雑誌を片手にパソコンを自作したこともあります。
おかげで故障対応などメンテナンスの技能も身に付きました。

以来パソコンは今に至るまで
何かと力になってくれています。

若いときの自己投資によるリターンが
いかに大きいものであるか。

『芸は身を助ける』とはよく言ったものです。
自分の経験を振り返っても実感しますね。

会計事務所では2つの専門知識を学ぶ

会計事務所では2つの専門知識を学ぶ

一番長かったのは20年近くになる
会計事務所ですね。
税務実務とパソコン運用を学びました。

さまざまな会社を担当していましたが
一回り上の経営者からよくかわいがっていただきました。

彼らの魅力的な人生や考え方にふれるうちに
「いつかは自分も・・」と思うように。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

その流れから一時は
税理士を目指したこともあります。

挑戦は10年近く続いたのですが
合格科目が足らずに結局は断念しました。

仕事量をセーブしたりあるいは休職したりして
「勉強に専念する」という環境を作った人間から
合格していきます。

学生や専念者は数年で合格できますが
社会人は10年以上かかるのが一般的という難関試験でした。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私は仕事を抱え込む傾向があり
仕事を未了のまま、勉強時間を確保することが
できなかったのです。

定時で帰るよりも残業してでも
仕事を終わらせるタイプでした。

残業代ほしさじゃないかって?
いいえ、残業代を支給されたことはありません。

そういう古い体質の業界なんです。
就業規則すら見せられた記憶がありません。
今では明らかに労働問題になりますね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

就業時間内外で職場のパソコンの
メンテナンスなども引き受けていましたから
余計に時間の確保が難しかったかもしれません。

担当先の会社のシステム化の相談に
乗っていたこともあります。

誰かの役に立つ・喜ばれるという経験は
嬉しいもので、得られる満足感も大きかったのです。

ハードに働き続けて身を壊す

ハードに働き続けて身を壊す

その後、経理・税務担当として
100人規模の会社に転職することができました。

内情はかなり荒廃していて、続々と発生する退職者や
メンタル不全に陥る社員に悩まされました。

なにせ毎年10人近く入社するのに
一向に社員数が増えないのですから。

新規に採用・配属されるのは未経験者ばかり。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

その代わりにやたらと上司がいて
彼らに対応しているだけで
中間管理職だった自分の時間は奪われていきます。

継続して部下に教える人もいないので
各部署の質は下がっていく一方。

自宅に引きこもった幹部クラスの業務も加わり
多少知識のあった財務やシステム系どころか
人事、総務、法務、採用まで担当分野が広がります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

平日は12時間以上の勤務、休日出勤を重ねて
毎月の残業時間は100時間を優に超えました。

過労死レベルで広範な業務をカバーする生活を
続けるうちに、とうとう自らも体調不良に。

ここで長年の夢だった起業に
スイッチを入れることになります。

『心不全』という生命の危機に際して
ようやく目が覚めたというところでしょうか。

そして起業へ

そして起業へ

出社できなくなった従業員に継続的な
カウンセリングを行ったのが契機となりました。

仕事への日々のプレッシャーは
自分でも感じていたところでした。

しかし同じようなストレスを受けていても
ある人は元気にふるまうのに、ある人は元気を失っていく。

この差は一体何だろう・・?

こうして心の問題にも関心が向くようになり
その解決手法を本格的に学ぶようになったのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

なかなか改善しない体調もあって
会社を辞める意志を伝えたのが
2018年のゴールデンウイーク直後でした。

人員不足のため引継ぎに時間をかけざるを得ず
退職して独立を果たしたときには秋になっていました。

カウンセラーやコーチングと呼ばれる領域の仕事ですが
もともと自己啓発分野が好きだったこともあって
「ライフコーチ」を名乗っています。
>> ライフコーチ加茂康明

自分と同じような人がいっぱい・・

その後、お客様の中にかつての自分と
似たようなケースを見出します。

やりきれない不満を抱えながら仕方なく
仕事をしている人がどれだけ多かったか。

その大半は起業したい気持ちもお持ちでした。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そこで「まずは情報発信からお手伝いしよう」
ということでブログサポートの仕事も始めました。

発信をすることで、自分の真の気持ちに
気付く効果もあります。

内面を表現することは心の圧力を下げますし
それがそのまま起業の準備にもなっていました。
>> じぶん・オンライン

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

このサイトでは、最終段階となる
「起業」「ビジネス」への情報を発信をしています。

自分のビジネスを持つことは
自分を何よりも成長させるものです。

法人・個人で累計で1000人を超える経営者と関わってきました。
私は経営者のポジションに身を置くことが
誰よりも心を鍛える環境にあることを知っています。

・自分の力だけではコントロールできない業績
・従業員や家族を支えるプレッシャー
・誰にも心を明かせない孤独感
・成功し始めれば狙われる誘惑の数々

会社員のままであれば幸せだったろうにと思う方もいました。
「こころ」と「お金」の問題は切り離せないのです。

 

>> 【プロフィール2】 500件を超える記事を書いたのに・・!

プロフィール2:500件を超える記事を書いたのに・・!
個人のビジネスならネットを活用しなければ・・。そこで始めたのがブログでした。様々なニーズを持つお客様に向けて多様な記事を書くこともできますし、実際に応用性も広かったのです。しかし注いだ労力の割ほどには売上にはならず方向の転換を余儀なくされました。